美子(よしこ)と城山

自家用車を手放して新設自家用車を手に入れたいというタイミングには、色々迷うことが多いです。たとえば自家用車に加わる愛車税がそうですし、また、愛車保険の変換や変更についてもそういうことになるでしょう。そこで多くの問いが寄せられるのが、トランジットときの保険の手続きはいつやれば相応しい?という箇所についてだ。今回は、このことについてお話したいと思います。

確かに、自家用車のトランジットのピークに保険に入るのは、フィーリングとしては、まだまだタイミングが華奢かな・・・という気がしないでもありません。しかし保険というのは、「万一のときの結果」ですから、タイミングが微妙であったとしても、加入しておかなければならないものであると判読決めるでしょう。ですから結論としては、トランジットときの保険の手続きはいつやればすばらしい?という問いに対しては、「かまわず保険の過程をしなければならない」ということになるでしょう。

自家用車の保険は、人となりでも地面でも無く、その自家用車に対して加わる保険ですから、とすると、仮に自家用車を入れ換えてしまったとしたら、直ちに保険に入りなおさなければならないことにもなるから、とするならば、トランジットときの保険の過程と掛け金は全額ムダになってしまうのではないか・・・と心配に当てはまる自身もいるでしょう。しかし、そんなリスクは、基本的には「薄い」と考えてよいでしょう。

必ず当然それぞれの保険の銘柄にも因るのは事実ですが、基本的には、自家用車のトランジットのタイミングで、保険のアップデートが可能になります。つまり、Aという自家用車にPという保険をかけていたとして、AからBへと自家用車を買い換えたときに、新たにQという保険をかけなければならないというわけではありません(やはりかけてもかまいません)。保険店頭に本当に自家用車のトランジットをやるというチャットを「事前に」しておけば、アップデートは可能になるのです。つまり、Bという自家用車に引き続きPという保険をかけることが可能になります。

当然、ただただ別の保険をかけて、Pという保険の残高を払い戻して味わうという読み方も有効です。ですから、とにかく乱暴な物言いをすれば、愛車保険に関しては、自家用車を入れかえたとしても、どうにかなってしまうといえます。ですから、「トランジットときの保険の手続きはいつやれば相応しい?」という問いは多いですが、基本的には気にせず加入すべきであるということになります。

至高怖いのは、無保険状態で災厄を起こしてしまうことです。それほどは遠のけなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です