大口の芝

病院という場所で働く看護師は緊張の糸を切らすことがなかなかできず、こうした生活が続くと強いストレスを経験することになります。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、心にも大きな負担がかかるということになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。厳しい労働環境の中で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて看護師需要は高まるばかりで、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、転職することを決めたのでした。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがいやでも思い知らされた出来事でした。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。大人になったら、こういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となり高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。いやなこともありますが、看護師になってよかったです。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日が休日になるでしょう。何か不測の事態による緊急の出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういうところでは大体は土日祝日は休みをとれるでしょう。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、ふつうに授業を受けていたなら、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。看護師を養成する学校というのは看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も看護師が行います。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、時間が経つのを忘れてしまうほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、回復した患者さんが退院していき、その上、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それに、やはり患者さんの家族の方から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、やりがいを覚えなくなったら、看護師を辞めることを考えるだろうと思います。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、医療職にかかわる人たちもより多く輩出されなければならなくなるでしょう。なので、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。年々多くの看護師が輩出されているのに、それでも看護師が足りていないのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも原因として挙げられます。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、実際には、人手不足が深刻です。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等のメリットも確かにある訳です。今、私は病院事務の仕事をしています。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがいつでも皆さん忙しくされています。夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。でも、私が思ったよりも「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。自分の子供と一緒に参加している看護師さんが相当いるんですよ。先生方も歓迎ムードで、穏やかな雰囲気でよかったです。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。これまでの経験や職務について、志望動機など質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、そういった話の内容のほかに、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く見られています。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職時につく手当、退職金はどうかというと、公的医療機関であれば、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。一方、個人経営の病院になると、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。しかし、専門職である人命に関わる看護師であり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、どうしても安く感じてしまいます。病院で病棟勤務に就いている看護師なら2交代制や、あるいは3交代制の形でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、そうやって人がいなくなった夜中に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は日勤よりも多くなる場合がほとんどです。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ただ、本業の医療機関において看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になるポジションにつくことができるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、ですから、求人だってもちろん多いです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、子育てと両立させながら大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、ともあれ働き続けていられるということは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。看護師の仕事を選択する、よくいわれる動機の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。しかし、このようにして高収入を得ているのですから、それだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、多くの病院では、申し送りを行っています。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、その他報告しておくべきいくつかの事項を次に勤務を始める看護師に口頭で伝えることになっています。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。その際ですが、出戻りがしやすいかどうかというのはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。こうしたケースは、実際にとても多いようです。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻り就職をする人も少なくありません。ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。昼夜にわたる、大変な仕事によってどんどん疲れていって、腰痛や頭痛に苦しむことになり、身体に無理をさせているのかも、と思い巡らすようなことになるのです。看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字だと、どちらかで書き表されます。少し前までだと、男性のことを表すのは看護士、看護婦は女性と明確に分けられていました。2001年の法律改正を機に、性別に無関係に使用できる看護師の表記に統合されました。オン、オフの期間を調整できて、やりたい仕事を選んで働ける、等などが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、もちろん長期の募集もあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、今現在、仕事を探している人は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。特殊な、医療現場という場所での労働ですし、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった看護師の場合、そうでない人たちより高めになります。法律において、看護師というものは医師の診療を補助する役割と定められています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。とはいえ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、差し迫った状態になったときは、経験豊富な看護師であれば、若干の医療的行為は認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。病院に初めて看護師が就職を果たした時、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、100パーセント希望通りにしてくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、そこに配属になる事が多いのです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。なんといっても、看護師という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。それが理由なのかはわかりませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。なのですが、多忙を極める仕事です。ほとんど休めない様な病院もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりというのは珍しくありません。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのがベストな形だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です